Raspberry Pi Zero WHでDHT22温湿度センサーが上手く機能しない場合がありまして

DHT22の温湿度センサー、いままでに2つ購入していましたが、どうも片方のセンサーではRaspberry Pi Zero WHで温湿度データの取得が出来ていない。測定回数を多くする(30回くらい)とそのうちの1回くらいは取得出来るのだけど、これではかなり使い難い。

データの取得が困難なのは、センサー自体別のメーカーの設計のものというのもあるし、個体差によるものなのかも知れない。

また使用しているライブラリの注意書きにRaspberry Pi Zeroでは信頼出来る値が取得出来ない問題があるという文言もある。
(データが取得出来ている方の値の信頼性どうなんだろう?という疑問も)

いくつかのライブラリを試してみても、どうも問題が出る方のセンサーでは値が取得出来るかどうかが不安定。

しかしpigpio-dhtというライブラリを用いることで、安定してデータ取得出来るようになりました。この場合、pigpiodをデーモンとして起動しておく必要があるのでちょっと準備に手間がありますがとりあえずこれで試してみることにしましょう。

記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

17 − eight =