スマホのギャラリーアプリによるストレージ圧迫問題

いまのスマホを使う前に持っていたスマホ、アクションカムの制御などでまだまだ使っているんですがどうにもストレージが圧迫されてしまっている。

容量は64GBあるのだけど、写真やら動画やら不要なアプリやらを消してなんとか10GB程度の空きを確保出来ている状況。

それでも何か不自然に空き容量が少ないんで、少し調べてみることに。

で、Androidの設定からストレージ分析してみると、標準で入っているギャラリーアプリ(スマホメーカー製)が何故か4GBもデータを持っている。なお写真も動画もこのスマホでは削除しているので、こんなにも容量を喰っているのは明らかにおかしい。

ということで、パソコンに接続してストレージの中身を探ってみると、このアプリのキャッシュフォルダが容量を喰ってしまっていると判明。まぁよくある定番の事象ですね。

キャッシュフォルダの中身は拡張子が特殊だけど単なるJpegファイル。撮影した写真やら動画やらのサムネイル用画像のようです。

しかしこのアプリ、Androidのアプリ設定のキャッシュクリーンでも削除出来ないところに何故に延々と保存し続けていたのか。謎ですがまぁそういうこともあるのでしょう。

ちなみに同じメーカーの新しいスマホではこのキャッシュフォルダはほとんど空。おそらくギャラリーアプリがどこかのタイミングで修正アップデートが入ったのでしょう。

謎はだいたいは解けたので、不要であろうキャッシュフォルダは削除することに。
(削除することで何らかの不具合が出る可能性はありますので、そこんとこは自己責任で)

これでストレージにもまた余裕が出来ました。

とりあえず何となく引っかかっていた問題が解決出来たので、少し気分が晴れた今日この頃です。

記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two × 1 =