Raspberry Pi 4、本体エラー発生時のLED点滅の様子

動画だとRaspberry Pi 4はケースに入った状態でちょっと分かり難いですが、本体のLEDの緑色の方が点滅を繰り返しています。このときリモートからのアクセスは出来ない状態でした。

しょうがなく強制的に電源を落として再度起動したら無事起動することが出来ました。後で調べてみると、Raspberry Piは本体に何らかのエラーが生じるとこの動画のようにLEDを点滅させて示すようです。またLEDの点滅のパターンによりエラーの内容もある程度分かるようになっています。

どのような点滅パターンでどのようなエラーとなっているかは以下のリンクの公式のドキュメントに記載されています。

Raspberry Pi Documentation
LED warning flash codes

このときは7回の短い点滅を繰り返すというパターンだったので、Kernelの読み込みに関するエラーだったようです。

記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

9 + 8 =