車のエンジン警告灯が点くようになってしまいました…

車を運転しようとエンジンをかけると、普段点灯しないはずのランプが点灯していました(確認用に点灯するのとは別で点灯し続ける)。

車の説明書を読むと、これはエンジン警告灯でエンジン関係のエラー表示のようです。

ただ、車の挙動自体には特に異変は感じず、少し動かしたくらいでも問題はなく。

しばらく放置してれば直るかも、と1時間くらい待ってから再度エンジンをかけると今度は点灯しませんでした。なんだ、何かの拍子で点いただけか、と思ったら数秒後に再び点灯。

うーん、これは確実にエラー。

ということでディーラーに連絡して、工場まで持っていくことに。

修理もらった結果、点灯しないようになりました。センサー関係のエラーだったようです。

とりあえずこれで大丈夫でしょうとのこと。もし再度同様のエラーが出たらセンサー交換という話になりました。

この車もそれなりの年数が経っているんでそろそろ新車をと考えてます。なので、それまで修理やらなんやらで出費は重ねたくはないんですけど、あまりケチって故障や事故になってしまってもね。とりあえず安全周りだけはしっかりしておきたいです。

記事をシェア

1件のコメント

  1. ピンバック: エンジン警告灯再び… – Yutarsense Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

nineteen + nineteen =