Ubuntu 21.10へアップグレード

自作PCを組んだときにUbuntu 21.04をインストール。それからてっきり22.04 LTSリリースくらいまではサポートあるだろうと思っていたら、先日サポート切れの通知が。

ここ数年ずっとLTS版を使っていたため、通常版のサポート期間についてはすっかり失念していました。

とりあえずざっと21.10のリリースノートを読んでからアップグレード。
特に問題も出ずアップグレード完了しました。

このバージョンからFirefoxがsnapパッケージに移行したんですね。やや使い勝手が違うなぁと思う点がいくつかありますが、まぁそのうち改善されるでしょう。
(これまでのdeb版も提供されているので、snap版では都合悪い場合はそちらをインストールするといいでしょう)

4月には次のLTS、22.04がリリースされるので21.10とはあと数ヶ月の短い付き合いになりそうです。

そういえばアップグレード後にThunderbirdの新着時の文字列の色が青から茶色に変わってたんですが、これって青色に戻せるんですかね?

Thunderbirdのテーマを別のものにしてみたけど青色にはならず…。

記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 × 2 =